名古屋の結婚相談所 アベック > Abe'sささやきコラム > N0.5  “向き合う”ことの大切さ・・。

N0.5  “向き合う”ことの大切さ・・。

2006年07月14日(金)

皆さんもご存知のように、
最近、子供がらみの事件に関するニュースが、日々、取りざたされています。

子供を持つ親だけでなく、皆様からご覧になっても、心が痛みますよね。また、不安にあおられ、

子供を産み育てることへの心配もきっと生じる事でしょう。

私自身も、現代の風潮の中で、子供とどう向き合って育てていけば良いのだろう・・・と、

子育てしながら悩む時があります。

でも、私は、子供達が通っていた保育園の園長先生から教わった言葉を教訓にして、

日々、子供達と向き合うよう心掛けています。

        
       【 子供の話に耳を傾けよう 】

 

  今日、少し あなたの子供が言おうとしていることに、耳を傾けよう。

  今日、聞いてあげよう。あなたがどんなに忙しくとも。

  さもないと、いつか子供は、年老いたあなたの話を聞こうとしなくなる。

  子供の悩みや要求を聞いてあげよう。

  どんな些細な勝利の話も、どんなにささやかな行いも褒めてあげよう。

  おしゃべりを我慢して聞き、一緒に大笑いしてあげよう。

  子供に何があったのか、何を求めているのかを見つめてあげよう。

  そして、言ってあげよう、“ 愛している ”と。毎晩毎晩。

  叱った後は、必ず、抱きしめてやり、「大丈夫だ!」と、言ってやろう。

  子供の悪い点ばかりあげつらっていると、そうなってほしくないような人間になってしまう。

  だが、同じ家族の一員なのが、誇らしいと言ってやれば、
  子供は、自分を成功者だと思って育つ。

  今日、少し あなたの子供が言おうとしていることに、耳を傾けよう。

  今日、聞いてあげよう、あなたがどんなに忙しくても。

  そうすれば、子供もあなたの年老いた過去の栄光に耳を傾けるために、

  あなたの元に、戻ってくるだろう。

私は、“ 子供 ” はもちろんのこと、“ 夫 ” へ ・・ “ 妻 ” へ・・も、

向き合うよう心掛けることも大切なことだと感じる今日この頃です。  (*´ -`)(´- `*)

 




お問い合わせバナー