名古屋の結婚相談所 アベック > Abe'sささやきコラム > Abe'sささやき > No.22  一生懸命ではなく、“一所懸命”

No.22  一生懸命ではなく、“一所懸命”

2006年09月18日(月)

私は、映画の話題になるとついつい夢中になって会話をしてしまいます(笑)

以前は、洋画を好んで観ましたが、最近は、邦画もよく観ます。

基本的にジャンル問わずですが、最近は、 “ 泣けるストーリー ” ものが多いですね。

(・・・年のせいなのでしょうか・・・・O(><)O・・・)

 

ある雑誌で、大林宣彦監督の “ オーラとは? ” をテーマにした

インタビュー記事が掲載されていました。

 

 『 僕が今までに一番オーラを感じたのは、多分、出逢った時の奥さんですね。

   出逢いというのは、最大のオーラの素でね。

   本人とは関係なく、惚れた相手の人間がオーラを持つわけで、

   お互いがオーラを持ちあった時に、いい出逢い ・ いい関係になるんです。

   特に、奥さんが庭で草むしりをしている姿などを、ふっと見たとき、

   うわーっとオーラを感じますね。

   僕も一緒になって草むしりを始めると、

   彼女が、「 花は、むしらないでね。 」と、言う。

   よく見ると、草だと思っていた中に花があるんですよ。

   その時に、“ オーラの秘密が見えてくるんです。”

   彼女はただ、草むしりをすればいいというのではなくて、名も知らない小さな花を

   愛でながら草むしりをしていたんだ。

   その、【一所懸命】な姿に、オーラの秘密があるんじゃないかな。

   一生懸命は、自分が中心。

   一生懸命だったら、がむしゃらにやると言った感じて、
         それでは草も花も一緒にむしってしまう。

   それだけじゃなく周りのものすべてに囲まれて自分はある、

   と考えて努力する【一所懸命】の人にオーラがある。

   その人が、【一所懸命】になって、何か身につけていくと、どんどんオーラが出てきます。

   例えば、恋愛だってそう。
   結婚して、これで幸せの完成と思った途端、オーラが消えてしまう。

   「結婚したらただの女になったな・・」と、言われるのは、
         あなたの事が好きよ♪というオーラが消えてしまったから。
         一緒になってからも、「これから、どれだけ彼(彼女)のことを惚れることができるかしら?」
         と、一所懸命でいれば、いつまでも素敵な関係でいられますよ。
         みんな、オーラが欲しいと思うけれど、
         大事なのは、オーラは、中身であって外見ではないということ。

   中身とは、心であり、人間の喜怒哀楽。

   それが、何に表れるかといったら、“ しわ ”なんですね。

   “ しわ ”を隠したり、消す為に一所懸命になることがオーラだと思ったら、大間違い。

   笑ったり、泣いたりしながら、その人が生きてきた日々が刻み込まれた“ しわ ”こそが、

   その人のオーラを表現してくれるんです。

   そう考えたら、大事に“ いいしわ ”をつくりましょう。怒りじわより、笑いじわ♪

   笑いじわを残したいと思う人は、友達の嫌な所を怒るより、

   いい所をみつけて褒めてあげようとします。

   それは、大切な一所懸命の努力ですよね。

   オーラを考える時には、何に一所懸命になるのか、

   その本当の意味を考えることも大切ですね。 』

 

人間は、必ず、「老い」と、向き合わなければなりませんものね。

老いを隠す、戦うのではなく、よい年の重ね方をすればこそ・・・、なんですね。





お問い合わせバナー