名古屋の結婚相談所 アベック > Abe'sささやきコラム > Abe'sささやき > No.31 “温かい言葉”とは・・・・・

No.31 “温かい言葉”とは・・・・・

2006年11月22日(水)

『 言葉 』 は、とても大切なコミュニケーションの一つとして、

以前もコラムの中で、お話しさせて頂きましたが、

先日、ある雑誌で、萩本欽一さんの特集記事が掲載されていて、

とても大切なことだな~と感じたのでご紹介させて頂きたいと思います!

萩本さんが語る、 “ 言葉の温かさ ” とは・・・・・・・

 

 『 野球のクラブチームをつくった。 その名も、「茨城ゴールデンゴールズ」

   高校野球で、注目されながらもプロを諦めた選手もいる。

   40歳になっても、投げ続けたいと言う投手がいる。

   みんな、野球を愛する連中ばかりだ。 頑張って欲しい・・・と、心から思う。

   あるとき、コーチがやってきて、

   「 監督、選手全員を集めましたから、一言お願いします!」と、言ってきた。

   僕は、みんなの前に立って、言った。

   「 う~ん、、、なにもない。 」  ・・・・・ 選手達は、ずっこけた。

   「 頑張れよ! 」と僕は、言いたかった。

   でも、この言葉は、全員の前で言う言葉ではない。

   “ たった一人のために言う言葉 ” だと、僕は思う。

   みんなのいない所で、一人の選手の肩を抱いて、「お前、頑張れよ」と言う。

   みんなの前で、「頑張れよ」と言ってしまったら、

   言葉から温度が無くなってしまうような気がする。

   一人ひとりに、僕は、この素晴らしい言葉を掛けてやりたい。

   家庭の中でも、温度のある言葉のやり取りをして欲しい。

   子供が、お手伝いをしてくれたら、「 ありがとう 」と、その時だけ言うだけでなく、

   寝る時にもう一度、子供の耳元で、ささやいて欲しい。

   「 今日は、手伝ってくれてありがとうね。 母ちゃん、とっても嬉しかったよ。」と。

   父ちゃんが、朝、出掛けるときに、母ちゃんが耳元で囁く。

   父ちゃんは、「うん。」とだけ。

   子供は、それが気になって仕方が無い。

   ある時、子供は、思い切って聞いてみた。

   「 母ちゃん、毎朝、父ちゃんに何をささやいているの? 」

   母ちゃんは、少し、照れたように言う。

   「 父ちゃん、いつもありがとね。って、言ってるんだよ。

   でも、そんなこと、あんたに聞かれたくなかったんだよ・・・。 」と。

   「 そういう “ ありがとう ” もあるんだ 」と、子供は思うだろう。

   そして、“ ありがとう ” という言葉の温かさをきっと、忘れる事はない。

   心のこもった言葉を、たった一人の人に向かって言う。

   そこに、思いやりや温かな空気が生まれる。

   言葉自体は、単なる記号にすぎない。

   でも、そこに、心をのせることで、温かなお日様のようになっていく。

   みんなを、優しく包んでくれる幸せのお日様のように・・・。  』

 

何気なく話す言葉の中には、時に、人の心を追い詰めてしまう事もある。

だからこそ、一つの言葉にも、色んな意味が込められていることを知った上で、

“ 心 ” をのせて、言葉を上手に遣いたいものですね。






お問い合わせバナー