No.38  “ 道 ”

2007年01月26日(金)

今年の冬は、本当に暖かい日が続いて過ごしやすい毎日ですね。

寒いのが苦手な私にとっては、とても嬉しい事ですが、

新聞やニュース番組等でも、

頻繁に取り上げられている「温暖化による気温変化・自然破壊の影響」については、

未来ある子供達のためにも、私達一人一人が深刻に受け止めなくてはいけません。

 

先日、息子が、

『 今年の冬は、とっても暖かいから、空手稽古しても、足はなんともないな ~ (*^o^*) 』と。

4歳の頃から今も続けている空手の稽古は、真冬でももちろん、裸足。

冬になると必ず、息子の足は、しもやけになっていました。

息子から渡された「総師範・年頭のご挨拶」と、書かれた冊子を読んでみると・・・、

 

            【   “ 道 ” の 心   】

 

   日本には、古くから「 道 」という概念があります。

   剣道・空手道・柔道・茶道・華道等みなそうですが、

   「 道 」という言葉の中には、日本人の奥深い心が、生きていると思います。

   私は、学生時代から空手道に全精力を傾けていました。

   武道を通して、「日本人の心」へ近づきたいがための毎日でありました。

   技を磨くだけでなく、精神レベルを高めていこうとする「 道 」は、

   日本独特の思想だと思います。

   剣道・柔道・空手道等の中に、息づき、

   長い間受け継がれてきた「 道 」の思想こそ、

   日本人が忘れてはならない、「心の原点」のような気がします。

   これらの「 道 」に共通する日本人の心とは・・・・・

 

   ・ 相手を先に立てる心
        
     ・ 親と先祖を大切にする心
       
   ・ お年寄りを大切にする心
       
   ・ 目上の人を立てる心
       
   ・ 受けた恩を忘れない心
       
   ・ 義理と人情
       
   ・ 謙虚な心
       
   ・ 礼節と正しい日本語を使うこと

 

 

“ 日本人らしさ ” ・・・・ 大切にしていきたいですね♪

 

余談ですが、、、

3歳頃の息子は、銀行に置いてあるカラーボールを見つけては投げたり、

身内の葬儀の際、お経をあげるお坊さんの頭をたたいたり、

子犬をガムテープでぐるぐる巻きにしたり・・(-_-;)・・etc、

そんなわんぱく極まりない活発な息子が、

空手道をきっかけに、みるみる変わっていったことを思い出します。。。

空手道 ・・・ おそるべし!!!

 

 




お問い合わせバナー