No.42  “ 桃の節句 ”

2007年03月02日(金)

明日は、3月3日 “ 雛祭り ”

 

我が家でも、娘の健やかな成長を祈って、雛人形を飾っています。

昨晩、娘が、

『 お母さ~ん。 お雛さんって、
      むか~しは、紙で作った人形を3月3日に、川に流したんだってね。

  昔の人は、人形が自分の代わりになって、

  自分にふりかかる災難を流してくれるものと、信じてたんだって! 』

『 へぇ~、そうなんだ・・。 でも、よく知ってるね。 』

と、私が言うと、

『 こ・れ・よ、 これ !! 』 と、学校の図書室で借りた本を見せてくれました。

【 年中行事・記念日のひみつ 】

早速、読んでみると、思わず、なるほどね~っと、思う年中行事の豆知識が書いてありました。

 

例えば、桃の節句に食する「はまぐり」は、女の子の美徳と貞節を意味するそうです。

また、「ひし餅」のひしは、女の子を意味する言葉、

そして、ひし餅の色が、下から順に、白・緑・桃色なのかと言うと、

雪が降った後に、草の芽の緑が出て、桃の花が咲く・・・をイメージしているそうですよ。

お雛様は、女の子にふりかかろうとする災厄を、代わりに引き受けてくれる、

災厄除けの守り神のようなものなんですね。

 

明日セッティング(お見合)をさせて頂く女性会員様達へ、

日時確認もかねてメールをさせて頂きました。 すると・・・、1通の受信メールが。。。

『 うちでは、長年、もうずっ~と、出してなかったお雛さんが、今年は、床の間にいます(笑)

  母の想いが、伝わってきます ♪ (*^o^*)  』

 

お母様の大切な娘への想いと、また、お母様の想いを温かく感じた女性会員様の想いが、

心に、ジーンと伝わる、とっても素敵なメールでした。 (*´ -`)(´- `*)

桃の節句のこの時期、アベック女性会員様お一人お一人に、良縁の風が、吹きますように♪

 

 

 




お問い合わせバナー