名古屋の結婚相談所 アベック > Abe'sささやきコラム > No.60  真剣に向き合うからこそ、導かれる“出逢い”♪♪

No.60  真剣に向き合うからこそ、導かれる“出逢い”♪♪

2007年08月20日(月)

連休も明けて、今日からお仕事の方も多いと思います。

今年の夏は、記録的な暑さの日もあった中、連日のセッティング(お見合い)や、
サロンでのご相談、初めてアベックへご来店頂いたお客様など、
皆様、暑い中、本当に有難うございました。m(__)m

また、休暇中にお互いのご両親様へのご挨拶を済まされ、
ご成婚報告で3組の会員様がご来店下さいました。

『 暑~い中、毎日二人で、汗かきながら、結婚式場見学に、行ってますよ!!』って、

おっしゃりながらも、満面の笑顔で、お互いのお顔を見合わせながらお話されるお二人から、

さらなる熱さ(!?)を頂いちゃいました♪

ご成婚された女性会員様から、別れ際に、一通のお手紙を頂戴致しました。

 
【 正直、自分がこの日を迎えられるなんて思ってもいませんでした。

  阿部さんに入会当初、どんな方とだったら一つ屋根の下で暮らしてゆけると思いますか?って、

  具体的な質問をされた時、私とても、曖昧な表現で答えていましたよね。

  その時、阿部さんは、「真剣に出逢いに向き合って下さっていれば、数々の出逢いの中で、

  きっと、具体的なイメージが分かってきますよ!」と、おっしゃいました。

  実はその時ホントは、心の中で、分ってくるものなのかな~って、半信半疑な私だったんです。

  自分のことなのに・・・。

  でも、いつの頃からか、セッティングして頂く度に、段々と、自分の中で、

  こういう方とは難しい・・とか、価値観の違いってこういうことか・・、とか、

  出逢いがある中で、自分の至らなさも含め、何が大切で、

  自分自身が何を求めているのかが、よ~く分かってきました。

  今まで具体的なイメージが湧かなかったのは、身近に結婚を真剣に考えられる人との

  出逢いが無かったし、
  自分自身が、結婚観に対し真剣に向き合っていなかったからなんですよね。

  初めは、条件や自分のタイプなど目に見える表面的なイメージで、お相手を選んでいた私が、

  出逢った男性から学んだことが、私の中での大きなこだわり感の変化でした。

 「自然の流れで、自分自身のこだわりに、変化が出てくることもありますよ」って、

  おっしゃった阿部さんの言葉が、アベックでのお見合い活動の中で本当に実感できました!

  アベックを通じて、出逢いだけじゃなく色んな事をたくさん学ばせて頂きました。

  男心についても、男性スタッフさんに教えてもらったアドバイス、忘れません(笑)!

  本当に本当に、有難うございました。 】

 

3枚にも綴られたお手紙を読みながら、会員様の目線に立った結婚相談所での活動で大切なことを、

私達スタッフ一同、改めて教えて頂いた気がします。私達のほうこそ、本当に有難うございます。

女性会員様が、“ ご縁を信じるために・・・ ” と、読んでいらした本の中に、

 

『 私たちは恋愛に、自分に与えられたもの、与えられなかったもののすべてを

  要求してしまうものです。

  親に与えられた愛・親から与えられなかった愛・自分の理想とする愛、などの

  すべてを、恋愛で実現させようとしてしまうのです。

  恋愛相手は、自分の鏡のようなもので、相手に自分を映しながら、
  自分は、どういう人間なのか、

  何を求めていて、何を持っていて、何が足らないのか・・・などを、熟考させられるのです。

  そして、その鏡が、歪んでいることもあります。

  自分に満足していない人ほど、自分とはかけ離れた人に、夢中になるものです。

  結婚は、そんな恋愛の延長線上にあるのですが、今までの自分という器をパートナーと一緒に、

  新しい器に置き換えるような作業です。

  この器は、住む家であったり、環境であったり、お互いとの関わり方であったり、

  生活スタイルであったり、二人を取り巻く人間関係であったり、
  生活に関わるすべてのことです。

  自分の器を知った上で、紆余曲折の経験を繰り返すご自身の恋愛経験を通して、

  自分の結婚を・良き人生のパートナーを真剣に考えて下さい。

  自分が、こうして生まれて存在しているように、この世の中には、

  自分のパートナーが、きっと存在していて、

  自分と同じように、自分のパートナーを必要としているはず。

  変に気取ったり、恥ずかしがったりせず、本気で結婚しようと思った人、

  本気で、パートナーが欲しい、ひとりでいたくない!と、思った人が、

  そのパートナーを見つけることができるんだって、単純に、考えていいんじゃないでしょうか。

  ギリシャ神話によると、もともと人間は、男女がくっついた形だったといいます。

  生まれてから死ぬまでいつも、お互いという存在があって、常に、話し合える相手がいて、

  生まれた時から、生涯のパートナーと共存しているのが当たり前。

  ところが、ある日、神の怒りにふれて、ふたつに切り離されてしまい、

  今の人間の形になった。と、云います。

  だから、人は、自分の片割れを探しながら、生きているのだ・・・、と。

  しかし、最初から、出来あがった人(理想とするパーフェクトな条件の人)が、

  必ずしも、自分の片割れとは限りません。

  出来あがった片割れを見つけようとしないで、 “ いい素材 ” を見つけて片割れとする

  自分も “ いい素材 ” のままでいて、相手の片割れになる・・・と、

  思うところからスタートするのも大事です。

  結婚相手を見つけようとすること、そのものが、

 “ 自分を知り、それに合った、自分の片割れを見つけること ” そのものだと思います。 』

 

お友達からのご紹介も、職場での出逢いも、

そして、出逢いの一つの選択肢としてご利用頂く結婚相談所での出逢いも含め、

真剣に、自分自身と向き合いながら、たった一人の人生のパートナー様を見出す気持ちと行動が、

きっと、ご縁ある方との出逢いに、導かれるのでしょうね。

 




お問い合わせバナー