名古屋の結婚相談所 アベック > Abe'sささやきコラム > Abe'sささやき > No.62  歌に、“ 言霊 ” をのせて・・・・・♪

No.62  歌に、“ 言霊 ” をのせて・・・・・♪

2007年09月10日(月)

毎週金曜日放映中のフジテレビ【僕らの音楽】番組で、出演されていた桑田佳祐さんが、

ここ最近、作詞作曲を手掛ける際に、

『 “ 言霊 ” に意識するようになって、歌に “ 言霊 ” をのせて曲を作っているんです。』

と、おっしゃっていました。

 

“ 言霊(ことだま)”・・言葉に宿ると信じられた霊的(目に見えない本質)な力。言魂とも書く。

“ 言霊 ” とは、「言(こと)」は、「事(こと)」、

つまり、言葉に出すとそれが、本当になるという想念から、

言葉には、魂が宿っている・言葉は、生きている、という日本古来の考え方のようです。

 

あらゆるジャンルの音楽の中で、時代に関係なく、ヒット曲に必ず通じることとして、

私達人間の心に響く・感動する・親しみがわく・・・などが、挙げられると思います。

心が癒されたい時は、静かなメロディを聴いて心が落ち着いたり、

力を発揮したい時は、パワフルな曲を聴いて、全身からパワーを漲らせたり・・・、

そう言えば、皆さんもご存じの2000年に開催されたシドニー五輪女子マラソンで、

金メダルを獲得、そして、五輪最高記録保持者でもある高橋尚子さんが、

『 過酷な練習中やレース前にも、自分自身のテンションを上げるために、

  hitomiさんの、LOVE2000を聴いていました♪ 』
と、おっしゃっていましたよね。
確かに、耳に入ってくる音楽から、

私達の心や身体に何かしらの影響を受けることってありませんか?

数々の名曲を生み出された桑田さんの楽曲の中でも、「明日、晴れるかな、、、」・・・・・・、

詞はもちろんのこと、流れる曲に、心がジーン・・・と熱く感じるのは、私だけでしょうか??

 

【  “ 明日、晴れるかな、、、、 ”  作詞:作曲 桑田佳祐 】

 

  熱い涙や恋の叫びも 輝ける日はどこへ消えたの?

  明日もあてなき道を彷徨うなら これ以上元には戻れない

  耳を澄ませば心の声は 僕に何を語り掛けるだろう?

  今は汚れた街の片隅にいて あの頃の空を想うたびに

  神より賜えし孤独やトラブル 泣きたい時は泣きなよ

  これが運命(さだめ)でしょうか? あきらめようか? 季節は巡る魔法のように

  Oh,baby. No,maybe.  「愛」失くして「情」も無い?

  嘆くようなフリ 世の中のせいにするだけ

  Oh,baby. You’re maybe. 「哀」無くして「楽」は無い

  幸せのFeeling  抱きしめて One more time

  在りし日の己れを愛するために 想い出は美しくあるのさ

  遠い過去よりまだ見ぬ人生は 夢ひとつ叶えるためにある

  奇跡のドアを開けるのは誰?  微笑みよもう一度だけ

  君は気付くでしょうか?  その鍵はもう 君の手のひらの上に

  Why baby? Oh,tell me. 「愛」失くして「憎」も無い?

  見て見ないようなフリ  その身を守るため?

  Oh,baby. You’re maybe.  もう少しの勝負じゃない!!

  くじけそうなFeeling  乗り越えて One more chance.

  I talk to myself...

  Oh,baby. No,maybe.  「愛」失くして「情」も無い?

  嘆くようなフリ 残るのは後悔だけ!!

  Oh,baby. Smile baby.  その生命(いのち)は永遠(とわ)じゃない

  誰もがひとりひとり胸の中で そっと囁いているよ

  「 明日(あした) 晴れるかな・・・・ 」

  遥か空の下

 




お問い合わせバナー