名古屋の結婚相談所 アベック > Abe'sささやきコラム > Abe'sささやき > No.90  本当の優しさ ・ 思いやりは、お相手を何より一番大切に想う気持ちから♪♪♪

No.90  本当の優しさ ・ 思いやりは、お相手を何より一番大切に想う気持ちから♪♪♪

2008年08月25日(月)

酷暑続きの日々から一転、お盆明けから急に涼しくなりましたね。 
季節の移り変わりと一緒に、まるで駆け足のように過ぎ去っていく日々に、
ちょっぴり寂しさをも感じてしまいますが、月日の経つのは早いもので、
今年も残すところ、4ヵ月あまりとなりましたね。  
 
休業明け週末の土 ・ 日は、午前中から夕方まで、
計15組の会員様のセッティング ( お見合 ) もあり、
また、お盆休暇中にお互いのご両親様へのご挨拶をされ、
昨日、男性会員がご成婚退会のお手続きでご来店下さいました!
また、
会員様 ・ ご成婚された元会員様からの暑中 ・ 残暑お見舞いのお葉書もたくさん頂き、    
「 この暑さに負けず、きっと、パワフルな阿部さんは、
  連日、会員さん達のセッティングに、各ホテルを走り回っているんでしょうね。       
  くれぐれも、フロントフロアーで転ばないように ! ! ( 笑 ) 」 
のコメント付きお葉書に、お恥ずかしながら、
超 ~ おっちょこちょいの私をよくご存知で ・・・(>_<)・・・
心温まる皆様からのたくさんのお葉書やメール ・ お電話に、
感謝の気持ちでいっぱいです !  ありがとうございます 。。m(__)m。。  
 
感謝といえば ・・・ 、この場をお借りして ・・・ 、
誠に勝手ながら夏季休業をとらせて頂いた期間中、
会員様皆様へ大変ご迷惑をお掛けしお詫びを申し上げると共に、
日頃よりご理解賜り、誠にありがとうございます 。。m(__)m。。
これから、過ごしやすい季節の秋 ~ クリスマス等イベントや、
街並みが素敵なイルミネーションに彩られる冬が訪れる時期を前に、
会員様皆様のご縁ある出逢いに向け、
スタッフ一同、 精一杯のお手伝いに頑張りますので宜しくお願い致します ! !  
 
さて、お盆中は、ご旅行やご実家へ帰省された会員様も多く、
また、北京オリンピックに見入ってらした方もいらっしゃったことと思います。
特に、ソフトボール ・ 日本金メダルの瞬間は、ホント、感動しましたよね ♪  
私ごとではありますが、お盆中は、
遠方に住む主人の実家や親戚の方々へのご挨拶回り、
ご先祖 ・ 親しくさせて頂いた方々のお墓参り等へ行ってきました。
日頃、電話やお手紙ですませてしまっている至らぬ嫁の私に対し、
温かく真心のこもったおもてなしをして下さる親戚の方々には、
感謝の気持ちとまた、 一つずつ年を重ねていく老いの課題とはいえど、
身内 ・ 身近な方が亡くなったという話を 聞くことが多くなると心寂しく、
日頃の疎遠を反省しながらより一層、
生きている日々のお付き合いを大事にしなければ ・・・ と、改めて感じました。
また今回は、子供達にとっても、
人と人とのご縁や繋がりの大切さを学ぶ機会でもあったように思います。
真夜中の高速道を名古屋へ帰る車中、
『 どのご家庭の奥さんも皆、ホント、たくましくもあり、強くもありで、   
  明るくパワフルだったよね ~ ! ! 私も、もっと見習わなければ ! ! 』
の私の一言に、
『 たくましい体型だけは、似ないでね 。。。 』
の主人のつぶやきに、
その時だけは、寝たフリ ~ する私でした ・・・(-_-)zzz・・・
途中、休憩で立ち寄ったサービスエリアで買った本
“ 実話ストーリー : 何が大切なのかを気づきなさい ”
のいくつかのストーリーの中でも、とても感動したお話がありました。                     
 
【 お父さんの白い運動靴 】          
 
『 結婚式の決まった娘さんのお父さんは、義足をつけていました。          
  お父さんは、結婚式で、娘の手をとって式場に入りたいと思って、          
  娘さんには内緒で、歩行の練習を始めました。          
  しかし、当の本人である娘さんは、そんなお父さんの姿を婚約者に見せるのが嫌でした。
  結婚式が近づくと、お父さんの練習はさらに熱心になって、          
  どこからか、白い運動靴を手に入れて歩行練習をしていました。          
  それに気づいた娘さんも、お父さんの気持ちは理解できるのですが、          
  「 結婚式でお父さんが転んだらどうしよう ・・・ 。          
    その姿を見た嫁ぎ先のご家族は、どう思うだろう ・・・ 。 」
  と、悩んでいました。          
  結婚式の当日、お父さんの練習の成果もあって、無事歩くことができたのですが、
  フォーマルスーツ姿のお父さんの足元が、白い運動靴なのを、          
  みんなに変に思われないだろうか ・・・ と、娘さんは、気になって仕方がなかったそうです。
  それから、数年後、お父さんが危篤という連絡を受けて、娘さんは病院に駆けつけました。
  お父さんは、娘さんの手をとりながら、          
  「 お前は、夫を大切にしなさい。            
    お父さんは、結婚式で、お前の手をとって式場に入る自信は、正直言うと無かった。
    でも、お前の夫が、毎日のように訪れてくれて、励ましてくれて ・・・ 。
    転ぶと危ないからと、運動靴まで買ってきてくれたんだ。 」 
  と。          
  娘さんは、胸がいっぱいになり何も言えず、          
  自分の事の体裁ばかりを取り繕うことだけを考えていた自分自身を恥じたそうです。
  自分の両親を大切にする人でも、相手の両親のことにはあまり関心のない人がいます。
  両親の悪口を言われて、怒らない人はいないと思います。          
  悪口を言われなくても、無関心にされていたら、どう思うのでしょうか。          
  自分の両親を相手が大切にしてくれるから、相手の両親も大切にできる ・・ と、思います。
  お互いの両親を大切にすることで、夫婦の絆が強くなると思うのです。 』  
 
尊敬するマザー ・ テレサの愛の言葉にもあるように、          
“ 愛されるより、愛することができますように ”          
“ 理解されるより、理解することができますように ”          
“ 慰められるよりも、慰めることができますように ”  
相手を大切に想うからこその本当の優しさ ・ 思いやりというものを、
いつもどんな時でも、大切にできる人間でありたいな ・・・ と、思います。  
 
限りなき愛を注がれた今は亡きマザー ・ テレサのビデオ ( 主演 ・ オリヴィア ・ ハッセー ) は
必見です ! !        
 




お問い合わせバナー