名古屋の結婚相談所 アベック > Abe'sささやきコラム > No.102  “ 哲学し、行動する花 ” となりましょ ♪ ♪ ♪

No.102  “ 哲学し、行動する花 ” となりましょ ♪ ♪ ♪

2009年02月16日(月)

先週末、サロンで女性会員様と、

『 縁とか運とかって、どう上手くキャッチすればいいんでしょうね??』との会話がありました。

「 あれが、縁だったんだなぁ~ 」とか、「 あの時は、ホント、運が良かったなぁ~」

縁とか運って、後(結果)で、気づかされることのほうが多いような気がします。

以前、ある方に、

『 “ 運 ” という字は、運ぶ(はこぶ)という字で出来てるでしょ。

  つまり、 “ 運 ” は、その場・その時に起こる出来事などに対して、

  自分自身の運び方(行動・思考等)によって、差が出てくるんだよ!』

と、聞いたことがあります。

また、いつも・・・どんな出来事に対しても・・・、

同じ思考のまま、同じ行動だけを、ワンパターンにただ続けている人は、

同じような状態がずっと続くだけで、何も変わらない=なにも運んでないってことなんだ、と。

 

そういえば、
ある女性雑誌で、2006年度ミス・ユニバース世界大会2位となられた知花くららさんが、

 

    「運というのは、あくまでも主観的なもので、

     強いか・弱いかは、 “ 自らの気の持ちよう ” なのではないでしょうか。

     私は、ミス・ユニバースの日本代表として、

     ナショナルディレクターであるイネスから多くのことを学びました。

     特に何度も繰り返し言われ続けたのは、

     “ ビッグ・ピクチャーを持ちなさい! ” という言葉。

     要するに、目先のことだけに捕らわれず、将来をイメージして、

     常に、上を見ながら努力し続けなさい!ということ。

     毎日コツコツ一生懸命頑張っている人には、誰も逆らえません。

     そしてその情熱は、必ず、まわりの人も動かします。

     まわりが変われば、未来も変わる。自分の将来も変わる。

     幸運の扉を開けるカギは、この世の中に、きっと、いくつもあることでしょう。

     また、運のタネは、自分の身の回りにいくらでも転がっていると思います

     ただ、運のタネに気づかない人・無駄にする人と、上手に育てる人がいて、

     その違いの中にあるのは、日頃の努力・情熱・自信。そして、もうひとつは、挑戦。

     実は、大学に入ったばかりの頃の私は、

     ずっと部屋にこもって哲学書を読みあさっていました。

     でも、読めば読むほどわからなくなるばかりで、
     堂々巡りから抜け出せないでいました。

     そんなときに、哲学のゼミの教授が、

    「どんづまりの哲学は、やめなさい!」と、アドバイスして下さったのです。

     「本を置き、表へ出よ。」 と。

     中国の哲学者の言葉にもありますが、 “ 知行合一 ”

     「すなわち、知識と行動は、本来一体であるべきだ。

     知識を行動に移して、はじめて知ったことになる。

     知って行なわないのは、知らないと同じだ。」と。

     いくら本を読んでいても、自分の経験が伴わなければ説得力はありません。

     そのときから私は、あらゆることへの挑戦を始め、みるみる視界が開け、

     経験を積み重ねることにより、私なりの道(運)が、開けたような気がします。」

 

また、知花くららさんご自身が卒論で記した創作言葉である、

“  哲学し、行動する花となれ  ”

「 何事も楽しんで、考えながら行動し、行動しながら考えること。 
      そうすれば、道(運)も開けてくる・・・ 」

そんな想いを込めて作った言葉は、ご自身が目指す生き方でもあるそうです。

動いて考えて、また、動く!!そんな挑戦(チャレンジ精神)が、
必ず、何かを得るきっかけ⇒チャンスへと繋がるはず ♪ ですよね。

 

2月といえば、立春から新しい年の運勢となる=運気の変わり目ともいわれる時期、

自らの気の持ち方&行動で運気を引き寄せ、ガッチリ掴んで、素敵な一年としましょうねっ ♪ ♪ ♪






お問い合わせバナー