名古屋の結婚相談所 アベック > Abe'sささやきコラム > No.85  “ 理想 ” という言葉の下で・・・ 

No.85  “ 理想 ” という言葉の下で・・・ 

2008年06月02日(月)

先日、雑誌・婦人公論で【 離婚も人生のギフトです 】と題して、

女優・宮崎ますみさんのインタビュー記事が掲載されていました。

(以下、5ページにわたっての記事文面を省略化させて頂き、ご紹介します)

 

  『 15歳でデビューしてからずっと走り続け、

    まさに息つく間もなく仕事をしていた当時の私は、

    充実している半面、葛藤や迷いがありました。

    本当の自分らしさを表現できない息苦しさに心のバランスを崩し、

    心も身体も死んでしまいそうな危機感に襲われました。

    そして、 “ 止まれ ” という心のシグナルを聞いたような気がして、

    デビュー以来初めて、1ヶ月間の長期休暇を取ってハワイに行った時、

    後に、夫となる人と再会したんです。

    同じ名古屋出身者であり、お互いの家のお墓も近かったこと、

    そして、奇跡のような流れ星の光景を一緒に見た彼を

     “ 運命の人 ” と直感し、結婚しました。

    それまでは、自分の為だけに突っ走ってきて、欲しいものは手に入り、

    物理的には恵まれていたけれど、精神的には、どこか渇いたところがありました。

    そしてこれからは、自分のためではなく子供のために尽くそうと、

    子育てに専念することにしたのです。

    私達の結婚生活は、スタート時点から子供の存在ありきで、

    夫婦という実感を味わう前に親になり、一緒に、家族をつくっていった感じです。

    子供のいる暮らしは、キラキラして本当に素晴らしいもので、

    家の中は、天国のように美しい場所でした。

    でも一方で、それまで、日本で味わってきた自由な時間を持てない現実に

    イライラすることもあり、かけがえのない我が子に対し、

    腹が立つ自分は、一体なんだろう・・・と、

    自分と深く向き合う時間が増えました。

    今思うと、なぜ私は、その時の色んな葛藤を夫に相談せず、

    自身の内観によって越えようとしていたのか。。。

    私達夫婦に大きな溝が生まれた原因かもしれませんが、

    私が理想とする夫婦の形は、互いにさらけ出して本心で語り合い、

    時には、ぶつけ合って切磋琢磨して前進していくものでした。

    しかし、彼は多くを語らないタイプ。

    男性の多くは、自分を語るのは苦手なのかもしれませんが。

    徐々に、彼とは、深い部分で通じ合えないかもしれないと、感じ始めたのです。

    何とか家庭生活をうまくやっていこうと、自分のあり方を模索するうち、

    私は、彼に対しても、息子を見るような視点になり、

    いつの間にか “ お母さん ” になっちゃっていたんです。。。

    彼のほうも、文句を言われる隙を与えないよう協力的な旦那さんを

    演じてきてしまったのかもしれません。

    けれどそんな関係では、本心をぶつけ合うことはとてもできないし、

    パートナーシップは、成立しませんよね。

    もうお互いのことに、興味を示さない関係になってから時が経ち過ぎて、

    そういう関係を打破したい気持ちもありながら、

    もう自分の力では打ち破れないところまで来ていたと思います。

    別れ話を切り出してから2ヵ月での離婚だったので、

    さっぱりとしたほうなのかもしれません。

    けれど、涙もたくさん流しました。

    いつから・・・・ どこから・・・・

    私達夫婦の間に、埋め合わせることのできない距離が出来てしまったのか、

    心を通わせた対話を、日常から、消し去ってしまっていただろう・・・ 』

 

乳がんの手術もされた宮崎ますみさんが最後に、

 

  『 最近、講演などで自分の闘病体験について語る機会も多いのですが、

    ガンというと、すぐに、 “ 家族の支え ” という美談にされがちです。

    しかし、必ずしもそうではないし、家庭生活自体に問題があって、

    それが、病気の引き金を引く場合だってあります。 』

 
と、語る宮崎ますみさんの言葉を、
皆様は、どうお感じなりますか?? 

夫婦の離婚理由の一番に挙げられる「 性格の不一致 」に要因する事柄が、

たくさん含んでいる…と私は感じました。 
 

結婚生活というものを例えていえば、
 
金山掘りのようなもの。
 
と、聞いたことがあります。 

夫婦二人で、汗水たらして、金鉱を掘り続ける地道で忍耐の毎日を過ごす中で、

ときたま、美しい砂金を手にして、喜びを分かち合う。

砂金の一粒を見つけた小さな喜びを糧に、山を掘り続け、気がつけば、

コツコツ集めた砂金が大きな金塊 =  “ 絆 ”  になっていた
それが、結婚生活なのだ。 

なるほど…  結婚50年目を “ 金婚式 ” とは、ホント、うまく云ったものですね。 

最初から、いきなり金塊を求めようとする憧れや理想だけで選ぶ結婚は、

現実の生活の中でギャップを生んでしまう・・・・と、思いませんか? 
 

 




お問い合わせバナー

阿部’sささやきコラム随時更新中
▼テーマ別にみる
ご成婚者様の声
▼年代別の成婚者様の声
成婚者の方から直接話がきける。無料座談会!女子会
あいち結婚サポート事業「出会い応援団」認定団体 Abec(アベック)は「マル適マークCMS」取得済み! 業界でシェアNo.1の安心安全の証です。 アベック公式Facebook アベック公式Twitter
Abecモバイルサイト
Abecモバイルサイト